鯉釣り日記2018 無味

釣行日時 6月9日〜6月10 釣行場所・ポイント名 茨戸川

 85センチ程の勇ましい鯉。
 これは釣ったんじゃない。釣れてしまっただけ。何も覚えていない。

 最近釣りに行けないことが多いから、行ける時に行かなきゃ、釣りしなきゃって、
 なんの気も持たずに川に行って、なんの気も込めずに仕掛けを結んで、
 何も考えずにエサを作って、どこも見ずに投げただけ。
 その後すぐにテントに篭って、疲れた体を横にして眠りについた。
 ただ寝てただけ。

 そして釣れてしまった。
 すぐにリリースして、その後の虚無感に目を覚まし帰宅した。



 これが休日を使ってやる私の趣味か?
 こんなの違う。家で寝てるのと一緒。その方がマシだった。

 釣りをする日っていうのは毎回々々何かの味がある。
 楽しいとか悔しいとか。でもこの時はなんの感情もなかった。

だから私は一度一度の釣りを無為にしない。
写真を撮って、その一度一度を記憶にとどめる。
ただ時間があるからって釣りに行くのは好きじゃない。
片手間な釣りは好きじゃない。
釣りに行く前日の夜は眠れない。

 誰が書いた文章だっけ?

 ただ時間があったから竿を出しに行って、そして見事に無意味だった。

 本来私にとって釣りをする趣味の時間っていうのは、

 自分を自由に表現できる、好きな事に本気を出せる特別な日であるはずだ。

 それができる舞台にいながら無表情なんて面白くない。

 やっぱり、いくら暇でも天気が良くても、釣りをしたいと強く思えない日なら、

 行くのはやめておこう。